雨風食堂日記【甘味処 川越 あかりや店主の日々雑感】

2007年4月30日(月)

ホームラン王 イチローの挑戦


と聴くと、野球好きのひとは「なに、イチローがホームラン王?」と首をかしげるはず。

今日の早朝にテレビをつけたら、いきなりこのタイトルでわたしも最初は?と思いました。ところがこのイチローさん、実は鹿児島に住む満山一朗さんという67歳のフツーのおじさんです。いやいや、フツーではない。。

持病を克服するための運動不足解消でバッティングセンターへ通い始めたのに、偶然ホームランを打ったことから(ホームランとは小さな的に当てることで、たいがいのバッティングセンターには的があります。)面白さにハマり、根っからの真面目さも手伝って、なんと通算1000号を超えるホームランを量産しているスーパーおじさんなのです。

正直言って、素人が見てもそんなにかっこよいスイングではないのですが、イチローさん、研究熱心のうえに練習の鬼。自宅室内には素振りのために柱に独自の仕掛けを施したり、何の意味があるの(笑)というような、バット非破壊検査をしたり、それでいながら、年金生活なので1ヶ月のバッティング代は1万円までという制約つきで、なんとも温かみがあって憎めない人柄です。

王さんの世界記録868本を抜くときには大リーガーさながら遠くまで遠征して、180キロの剛速球(そんな球、誰も投げないって・・)を打って決めようとしたのですが、手にマメをつくるもあえなく敗退。しかし他のマシーンで世界記録を破り、とうとう1000本を超えていまでも記録は更新中だそうです。

バッティングセンターで知り合った息子世代の仲間と夜までファミレスで打撃談議に花を咲かせたり、孫のような小学生に師匠のように慕われて、独自の科学的?なアプローチでバッティングの指導をしたり、とにかく楽しそうなのです。

世の中には定年後に何もすることがない、という人がいるそうですが、こういうおじさんってカッコいいですねー。人間いくつになっても、一生懸命に打ち込んでいる人って、輝いてるよなあと再確認してしまいました。

→テレビ朝日の番組「生きる」のホームページ
甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 2:10:05
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/267/trackback
                       

2007年4月27日(金)

おみやげ


knife.jpg昨日、雨風食堂にマレーシアとシンガポールから観光で川越に来られたお客様がいらっしゃいました。

みたらし団子のタレの味が気に入ったらしく、「このソースはスーパーでは売っていないの?」とおっしゃられたり、私もマレーシアへ旅をしたことがあるので、そのときの事を話したら盛りあがってしまい、ありがちな草の根国際交流をさせていただきました:lol:

川越の観光スポットを説明していたら、突然「おみやげに日本の包丁を買いたい・・」とおっしゃられました。外国の方が日本に来られて、お土産に何を買っていくのかというのは、その国によって傾向があるのでしょうね。以前、成田空港でフィリピンの方が国へ帰るのに、皆がこぞってお土産として日清食品のカップヌードルを箱で買って帰っているのを見たことがあります。しかもなぜかすべてシーフードヌードル(笑。

たしかに日本のような切れ味のハガネの包丁は長年使用できるし、一本あれば重宝なのでしょうね。包丁といえば雨風食堂でも色々な種類のものを使用しています。ペティーナイフから大きい牛刀、カステラ包丁、羊羹包丁、寿司きり包丁。

写真はお餅を切るためのテフロン加工された包丁です。確かに合羽橋の道具街に行くと、外国人の方をよく見かけますが、包丁ひとつとっても日本文化って面白いかもしれないですね。

甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 2:21:40
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/263/trackback
                       

2007年4月25日(水)

電子マネー元年


先日の日記でパスモのことを書きましたが、24日付けの新聞を読んでいて電子マネー元年という見出しで記事があったのですが、その数字にちょっと驚きました。

とうとう流通系のセブン&アイホールディングスが独自の電子マネー「nanaco」を23日に始めたのですが、買い物100円につき1円分のポイントがつくせいか、初日申し込みが10万件を突破したらしく好調な滑り出しだそうです。

交通系のスイカやパスモが主に通勤客をねらいとしているのに対して流通系は個人消費を担う主婦層が相手。これは間違いなく電子マネーの普及に拍車がかかりそうです。

驚くのは野村総研のはじき出した数字。電子マネーの市場規模は2006年度の実績1800億円、07年度の予想6900億円、11年度には2兆8000億円だそうです。通貨流通高80兆のうち小額決済の貨幣は4兆4875億円。現在の流通高に比べればおよそ半分以上が電子マネーにとって代わる見込み。政府の金融政策の判断基準である通貨供給量(マネーサプライ)に実態が反映されないのではないかという懸念もあるくらいです。

あとはどの電子マネーでも使えるマルチ決済が普及のカギになりそうですが、ますます目が離せませんね。

甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 2:23:01
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/265/trackback
                       

2007年4月22日(日)

母の日のギフトにあんみつを!


anmitu.jpgアド街の影響は今日も衰えず、多くのお客様にお越しいただきまったく有難い限りです。

お客様からご注文をいただいて、今年もハタと気が付いたのですが(笑、もうすぐ母の日なんですねぇ。5月の第2日曜日、今年は13日です。

あかりやのあんみつを母の日のプレゼントにどうぞ!っと調子よく。。

自家製の搗きたてのお餅をセットしたお汁粉やヘルシーなあわ餅とのセットもあり、甘味処のこだわりが箱にいっぱい詰まっています 😛

母の日のプレゼントとしてメッセージもお届けいたします。ご注文はホームページからどうぞ。FAXでもご注文いただけます。

→あんみつ・おしるこの宅配ページ
甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 2:52:50
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/261/trackback
                       

2007年4月20日(金)

知的生産の技術


この間、テレビを見ていたら将棋の羽生善治さんが出ておられて、興味深い話をしていました。

将棋は何百通りという展開をいかに先を読めるかというのが勝負ですが、持ち時間がなくなり、時間内に指さなければならないときに、史上最強ではないかと噂される羽生さんでさえ、悩みに悩みぬいて最後は「えぇ~い、ここだ」と半ば投げやりに駒を指すときもあるというのです。

とはいっても、長年培ってきた経験値に基づく「投げやり」ですから、その正解率(勝率)はおよそ7割くらいだとか。。曰く、自身の著書の題名でもありますが、「決断力」が大事だというのです。

同時に、現在は情報過多の社会で、インターネットなどで個人はあらゆる情報を簡単に入手できますが、そういう技術よりも、情報を吟味して経験に基づいて必要なときに大事な決断を下せることのほうがよほど大事だというのです。

確かに、わたしもここ数年よく思うのですが、インターネットの普及によってホントに簡単にいろんな情報を得られる時代になりましたが、実はそんなことは今はパソコンと検索エンジンがあれば誰でもできることで、大事なのは情報を得ることよりも、捨てること(取捨選択するという意)だなあと感じています。

昔、恩師に薦められて読んだ梅棹 忠夫さんのベストセラーで「知的生産の技術」という本があるのですが、もうかなり昔の本でインターネットの無かった時代ですが、情報の整理・活用の仕方を論じている素晴らしい内容で、影響をうけたのを思い出しました。

昔に比べれば、目にする情報はたくさん溢れています。それでも整理・吟味・活用が大事なのはいつの時代でも同じ。くれぐれも埋もれないようにしたいなあと思います。

甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 1:38:26
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/260/trackback
                       

2007年4月15日(日)

柏餅、好評です!


kasiwa.jpg 昨日、アド街の再放送があったり、好天に恵まれたせいでしょうか、雨風食堂は今日もまた開店からず~っと、お祭り状態の一日でした。たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございます!

今年も写真の柏もち、大好評です。最高級上新粉(お米の粉です)を使用して、杵つきで毎朝、その日に売る分だけを丁寧に作っています。遠方からもお買い求めいただいているほどの人気商品です。こしあん、つぶあん、味噌あんの3種類。売り切れる前にどうぞ!
甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 0:45:18
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/258/trackback
                       

2007年4月11日(水)

アメリカの医療保険


先日、アメリカのカリフォルニア州に5年ほど住んでいた親友が日本に帰ってきたので、学生時代の悪友4人で凱旋記念飲み会を新宿で行いました。

気の置けない仲間なので、昔話と近況報告であっという間にお開きでした。
国内に住んでいても、親友といえども社会人になればそうそう頻繁に会いはしないので、外国のどこに住んでいようが定期的にメールのやりとりはしているので関係ないというか、かつ疎遠にならないのはインターネット社会のおかげですね~。

以前、彼にアメリカの医療保険について色々な実情と体験談を教えてもらってちょっと驚きました。

わたしたち日本人は医療保険は当たり前のように公的な国民皆保険制度に慣れてしまっていますが、アメリカでは高齢者や一部低所得者層以外はほとんど民間の保険に加入します。

イメージ的には日本の第3分野の医療保険や自動車保険のようなもので、保険会社のプランによって保険ではカバーできない医療や自己負担額が大きく変わるもののようです。

見方を変えれば、制度を熟知して本当に必要なものを自分でアレンジして組めるので、無駄のないようにも感じますが、なかなかそうは簡単なシステムでもないそうです。

実際、彼の家族は滞在中に奥さんが出産したり、アクシデントで救急車を呼んで検査を受けたりしたのですが、民間保険に入っているにもかかわらず、その請求金額には驚いたそうです。そもそも、救急車でさえ有料だって皆さんご存知でしたかー?(タクシー代わりに気軽に呼ぶ不届きモノがいる国もなんですが・・)

だいたいお医者さんにかかろうというときは、フツーは弱気になっているもの。そんな時に、この検査は負担額いくらなのかな~とか、保険でカバーできるのかな?とか考えるのってどうなんでしょう。

保険金額はそれ相当の負担はあるものの、とりあえず保険証を持ってさえいれば、自己負担金割合が決まっいて、どんな高額で先進医療になろうとも決まった月額金額以上は負担することがない(差額ベッド代とかは別ですが)日本の医療事情はとても有難いなあとあらためて思いました。

甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 22:48:31
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/257/trackback
                       

2007年4月7日(土)

トイレットペーパーにまつわるミステリー


雨風食堂のトイレは、あらかじめ女性のお客様が多いのを想定してより機能的かつ快適に過ごせるように作ってあります。

ウォシュレット、お化粧直しが出来るように荷物がおける大理石風カウンターのある鏡付き洗面台、ハンドドライヤーなどを狭いながらもトイレ個室に完備しております。

最近気づいたのですが、あと1~2回分が残っているのではないかと思われるトイレットペーパーがホルダーからはずされて置いてあることがよくあるのです。

最初は「なんか、もったいないな~」と漠然と思っていたのですが、あまりにもよく見かけるので、これは自分には無い習慣で何か理由があるのではないかと考え始めました。

●途中で替えるのが嫌なのであらかじめ替える。
●初物が珍重されるのと逆の理由で、最後に使うというのがジンクス的に縁起が悪い。
●ペーパーの端を三角に折る方がおられるように、次に使用する人への好意で残り少なくなったペーパーを取り替えている。

どれもありえる理由だなと思いながら、こんな現象ひとつで色々と考えられるものだなあとも思いました :)
その後、パートさんや妻などに、色々とリサーチしてみた結果、男性はあまり感じないと思うのですが、意外にも女性は途中でペーパーを替えるのが嫌というのが判明しました。

というわけで今は1番目が有力な理由ではないかと考えているのですが、複合説かもしれませんので真相は闇の中です。

どなたか新しい説や確信している理由をご存知の方、コメントをぜひお願いします。いぜれにしても雨風食堂のミステリーです:lol:

甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 2:08:34
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/256/trackback
                       

2007年4月4日(水)

速報・アド街「川越」再放送決定!


先ほど、出没!アド街ック天国の製作プロダクションのハウフルスさんから、先日の川越特集が大変好評だったので、関東ローカルで再放送をすることになりましたとのご連絡がありました。

 時間は4月13日(金)の12:30~だそうです。また週末以降に川越を訪れるお客様が増えるのでしょうね。散策に疲れたら雨風食堂にどうぞお寄りくださいませ。

 

甘味処 川越 あかりや
 

 

 

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 15:35:21
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/255/trackback
                       

人生ゲーム


lifegame.jpgアド街の影響は平日になっても衰えず、皆様からたくさんのお問い合わせのお電話と通販のご注文をいただいております。ありがとうございます。今日は天気予報が良くなかったので、在庫がスッカラカンになっているお菓子の生産に励みたいなあと考えていたのですが、結局夕方まで慌しく、製餡作業とトッピングの杏の仕込みくらいしか出来ませんでした。

先日、こどもから人生ゲームを買ってくれとせがまれ、懐かしさも手伝って早速購入しました。何十年か振りにプレーしたのですが、マス目の内容が「ホームページを作成して$2000払う」とか時代に合わせて修正しているんですねぇ。それと上にかぶせて使う別のワールドステージなるバージョンが同梱されていて世界を旅しながら周る設定です。

もともとは幕末の1860年にイギリスの印刷業の社長Milton Bradleyによって考案された「The Checkered Game of Life」とのこと。日本で発売されたのは1968年。ワタシの生まれた年で親近感が湧いてしまいました。ロングセラーの理由を考えると、

●紙幣や証券などリアルなやり取りができるのが、こども心をくすぐる。
●大人も子供もスゴロクなので年齢によるウマいヘタの差が少なく家族プレー向き。
●結構どんでん返しがあって、娯楽性が高い。
●商品価格が比較的安価で、ゲームに要する時間が短くも長くもない。

こんなもんでしょうか。マス目の内容は変遷しても、あのルーレットの質感、コマのクルマの挿しづらい人形は変わりませんでした:lol:

甘味処 川越 あかりや

Share Button
    LINEで送る
Filed under: 未分類 — 店主 @ 2:22:22
トラックバックURL : http://www.amekaze.kawagoesansaku.com/archives/253/trackback
                       
次ページへ »

Powered by WordPress